JavaScriptが無効になっています。MaprayのWebサイトを正しく表示するためにはJavaScriptを有効にして下さい。

デモについて

動作環境

WebGL

RamblerデモはWebGLを利用しています。昨今の標準的なWebブラウザであれば多くのブラウザで動作します。お使いのブラウザがWebGLをサポートしているかの確認は、「Your browser supports WebGL」をご覧ください。

 

サポートするウェブブラウザ

Ramberデモは以下のデスクトップ版のウェブブラウザで動作します。

  • Google Chrome
  • Safari
  • Microsoft Edge
  • Opera
  • Mozilla Firefix

 

万が一動作しない場合は、ソフトウェアのバージョンを確認して下さい。バージョンが古い場合は動作しない可能性があります。最新版にアップデート後、再度ご確認下さい。セキュリティの観点からもウェブブラウザは常に最新版をお使い下さい。

また、モバイルブラウザでも動作はしますが、Ramblerデモの入力がキーボードとマウスを前提としているため操作ができません。ご了承下さい。

 

問題が起きたときは

ウェブブラウザを最新版にしても問題が起きる場合は、コンピュータのグラフィックスドライバが古い場合があります。お使いのコンピュータの取り扱い説明書等を参照の上、ドライバをアップデートして下さい。

また、過去の操作等により、お使いのウェブブラウザによってはWebGLのサポートが明示的に無効になっている可能性があります。以下の手順にしたがってWebGLを有効にして下さい。

Chrome

システム設定を開くか、アドレスバーに「chrome://settings」を入力します。ページ下部の「詳細設定」をクリック。システムの「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」がONになっているか確認する

 

アドレスバーに「chrome://flags/#ignore-gpu-blacklist」を入力。「Override software rendering list」がEnabledになっている場合、Disabledにする

Firefox

アドレスバーに「about:confgi」を入力

「webgl.force-enabled」を有効にする

Homeに戻る