JavaScriptが無効になっています。MaprayのWebサイトを正しく表示するためにはJavaScriptを有効にして下さい。

3次元ウェブマップを使って新しい地図表現しませんか

Mapray(マップレイ)を使えばクラウドで用意している3次元の地理空間情報とユーザーのデータを組み合わせてカスタム3次元ウェブマップを作成できます。オープンソースのJavaScriptライブラリmaprayJSを使ってアプリケーションとして配布したり、ウェブサイトに埋め込んで配信できます。

  • Maprayでできること

    • 様々な情報を3次元で表現されたデジタル地球儀上に表現できます。
    • 今まで難しかった新しい地理情報表現を手軽に実現できます。
    • インタラクティブCGコンテンツを作ることができます。
    • ウェブブラウザ上でプラグイン不要で動作するので、ユーザーへのリーチが手軽です。
    • SDKを活用してアプリケーションの一部として配布できます。
    • 面倒なデータの準備が不要なのでコンテンツ開発に集中できます。
    • 全世界の地形データを利活用することができます。
  • mapray cloud

    地理空間情報を用意

    maprayJS

    ウェブブラウザで軽快に動作

    カスタマイズコンテンツ

    ウェブコンテンツ・アプリケーションを自由に開発

    maprayは地理空間情報を用意するmapray cloud、ウェブブラウザ上で動作するJavaScriptライブラリmaprayJSが連動して動作します。また、maprayJSを使ってユーザーがカスタマイズコンテンツを作成することが可能です。
  • さくさくリアルタイム表示

    ユーザー操作にリアルタイムに反応して視点の変更や表示オブジェクトの変更ができます。しかも特別なプラグインは一切不要。ウェブブラウザだけで動作します。mapray cloudから配信される地理空間データ用に最適化されたデータを、maprayJSがGPUを効率的に利用して表示。数百キロ四方の地球データをリアルタイムで表示します。

  • 美しい表現力

    様々な地理空間情報を美しく表示するために、様々な工夫を行っています。例えば、地図タイル画像はオープンデータ・市販の地図データが利用できますが、2次元地図用に生成されることが多いこれらを3次元用に最適化する独自技術を搭載。色味のことなる航空写真を美しく表現します。

    また、画面サイズに応じてポリゴンデータを最適化。これにより遠くのデータを美しく表現することができるので、遠景まで解像感のあるデータで表現します。

  • レベル15の地図タイル
    レベル12の地図タイル
    美しい合成表現
    地図タイル提供元:国土地理院地図タイル
    Maprayで利用する地図テクスチャは既存の2次元用地図タイルを自由にご利用いただけます。レベルにより色味の異なる航空写真でも独自アルゴリズムにより境界面を自然に表現することができます。
Maprayが作り出す美しい世界を動画でご覧ください
  • SDKで自由に開発

    maprayJS はWebGL を用いたインタラクティブな3次元地図を扱うことができるオープンソースのJavaScriptライブラリです。ユーザーのニーズに合わせて自由に地球データを操作することができます。地理空間情報や3次元コンピュータグラフィックスを扱い易くする数学系のライブラリも提供しますので、ハイレベルなアニメーションやインタラクティブなユーザー操作、はたまた、VR やAR 機能などを開発者の想像力のままに構築することができます。作成したコンテンツ・アプリケーションはご自分のWebサイト、アプリケーションに組み込んでいただけます。オープンソースプロジェクトへのリンク

  • AEDのオープンデータを表示
    地理空間情報をデジタルアース上にマッピング
  • Photogrammetry処理をした3次元モデルとドローンの飛行予定ルートを表示
    ユーザーの3Dモデルとデータを自由に配置・表現
    航空写真画像:国土地理院地図タイル
    3Dデータ提供:エアロセンス(株)
  • クラウドに地理空間情報をホスト
    全世界の地形データを標高データから生成しクラウドに用意しています。これらはmaprayJSで高速に美しく表示できるように最適化されています。元になる標高解像は全世界より可能な限り詳細なデータを集めました。異なる解像度データであっても自然な3次元モデルを生成する独自処理により高解像度データを優先して利用することが可能になりました。さらに、ユーザー毎に地理情報付きのデータをmapray cloudにアップロードし保存することが可能。データはmapray用に最適化され、いつでもmaprayJSで呼び出すことができます。(データ保存機能は開発中です。)
  • mapray cloudはユーザーの2D, 3Dの地理空間情報データ。mapray用のデータ、OpenStreetMapの地図データベースで構成されます。(現在開発中)
  • Ready to get started?
Maprayを使ったデモをご覧下さい。maprayJSを使ってプログラミングを行い、mapray cloudからデータを取得して動作しています。事前に動作環境をご覧下さい。
  • Visualize

    自由に世界を移動できるアプリケーションです。3次元地球儀上でお好きなログデータのアニメーション表示・オープンデータ・レイヤー・3Dデータの表示・背景地図の切り替えなどのデモをご覧になれます。

  • Fall

    富士山を表示するデモです。カメラにパスアニメーションを設定しており、リアルタイムアニメーションを行います。デモ画面に移動後、画面上部の「start」ボタンを押すとアニメーションが開始されます。

  • Satellite Eye

    国際宇宙ステーションから地球を眺めることができるシミュレーターです。現在の様子をリアルタイムでシミュレートできます。

mapray cloudはクローズドアルファテストを実施中です!アルファテスト参加に関するお問い合わせやメディア関係者様からのお問い合わせ等は以下のお問い合わせボタンのリンク先ページよりお願いいたします。
    NEWS
    • 2020.06.03

      Maprayを活用したデモを追加しました。VisualizeSatelliteをご参照ください。

    • 2020.05.01

      maprayJSを0.8.1にアップデートしました。

    • 2020.03.23

      maprayJSを0.8.0にアップデートしました。アニメーション・UIエンジンが追加されました。

    • 2020.01.27

      maprayJSを0.7.3にアップデートしました。

    • 2019.12.26

      ドキュメントページのコンテンツを拡充しました。Exampleが実際に動作します。

    • 2019.12.16

      maprayJSを0.7.2にアップデートしました。UI操作ライブラリ等が追加されました。

    • 2019.10.01

      maprayJSを0.7.0にアップデートしました。GeoJSONのサポートなどの機能追加がされています。

    • 2019.08.01

      ドキュメントページをオープンしました。Maprayのドキュメントやチュートリアルなどがご覧頂けます。

    • 2019.07.02

      maprayJSを0.6.0にアップデートしました。glTFのサポートを始めとした機能追加がされています。

    • 2019.03.29

      Maprayを「ジオ展2019」へ出展しました。ご来場誠にありがとうございました。
      日時:2019年4月19日(金) 10:00〜17:00
      場所:東京都港区南青山3-8-38 南青山東急ビル(株式会社ナビタイムジャパン)
      主催:ジオ展実行委員会 (365y株式会社)
      公式サイト:https://www.geoten.org/

    • 2019.02.07

      Mapray Cloudをリニューアルしました。希望制のクローズドテスト中ですので参加ご希望の方はお問い合わせください。

    • 2019.01.31

      maprayJSをオープンソースソフトウェアとしてGithub.comで公開しました。

    • 2018.11.29

      メディア掲載情報 INTERNET Watch 「地図と位置情報」
      「ダムカード」の次は「基準点カード」がアツい! “G空間”コンテストで注目のアツい入賞作品たち

    • 2018.11.17

      Geoアクティビティコンテスト「電子国土賞2018」を受賞しました。詳細はリンク先をご覧ください。

    • 2018.11.15

      G空間Expo2018 Geoアクティビティコンテストへ出展いたしました。

    • 2018.11.14

      ウェブサイトを公開しました。