UP | HOME

Overview

1. maprayの構成

maprayは、Web ブラウザ上で動作する JavaScriptライブラリ「maprayJS」とユーザーのデータ管理・データ配信を行う「mapray cloud」の2つのソフトウェアから構成されます。

maprayJSはWebブラウザ上で動作するJavaScriptライブラリで、3D地図データを高速に美しく表現することができます。 maprayJSはオープンソースプロジェクトとして開発されています(Github.com) 。

mapray cloud は maprayJSに最適化されたデータを保存・配信するクラウドサービスです。 世界規模の地形データや地理データを強力なクラウドインフラで配信することができます。 また地図上にお客様がお持ちのポイントデータ、ポリゴンデータ等様々な地理情報を表示することができ、それらの情報をクラウドへ保存したり、クラウドに保存しておいたデータを地図上に表示したりすることができます。 mapray cloudはソニーグループ(株)によって運営されています。

基本的な運用イメージとしては、お客様ご自身で maprayJS を使った地図アプリを作成していただき、エンドユーザの方が利用することを想定しています。 maprayJS APIを通して、カメラ位置の指定、地理情報の表示といった操作を行うことができます。

maprayjs-and-mapraycloud.png

2. 開発について

  • QuickStart
  • 最小構成の地図アプリケーションを作成する例を説明します。
  • 座標系
  • 3Dモデルの配置に関連する座標系について説明します。

3. Mapray Cloudについて

maprayJS は mapray cloud からインターネットを通じて情報を取得して動作し、mapray cloud へアクセスするにはアクセストークンが必要になります。 アクセストークンは mapray cloud が配信する Web アプリケーションで取得することができます。 取得したアクセストークンを maprayJS で開発したアプリケーションに埋め込むことで、 mapray cloud へアクセスできるようになります。

  • アカウント
  • mapray cloudのアカウントを作成する方法を説明します。

4. 対応ブラウザ

maprayJSは下記のブラウザに対応しています。 セキュリティ・性能等の観点から最新版を推奨しています。

  • Google Chrome
  • Safari
  • FireFox
  • Opera
  • Microsoft Edge

5. 注意事項

  • Attribution
  • 著作権表示について説明します。